どさんこPTの節約術|北海道のお得情報や節約術を紹介

北海道のお得な情報や節約術、ポイント活用術や家計管理など『北海道×お金』に関わる内容を発信しています

『マイナポイント』って何?という疑問を解決!マイナンバーカードで25%還元!

『マイナポイント』って何?という疑問を解決!マイナンバーカードで25%還元!

マイナポイント』って最近聞くけど何のこと?

事前登録したキャッシュレス決済で買い物をしたら25%還元されるお得なシステムだよ

まだまだ全国的に普及率が高くないマイナンバーカードですが、2020年9月から『マイナポイント事業』という独自のサービスが開始されます。

 

今回導入予定のマイナポイントは、買い物した額の25%(上限5,000円)のポイントが還元されるというもの。

この説明だけではわからないと思うので詳しく解説します。

 

  • マイナポイントとは
  • 25%還元(上限5,000円)のポイントをもらう方法
  • マイナポイントのもらい方、使い方

 

今回はマイナポイントについてと、25%の還元ポイントをもらう方法を解説していきます。

 

 

 

 

マイナポイント事業とは

まずは、こちらの動画をご覧ください(15秒程度です)


マイナポイント事業「マイナンバーカードでマイナポイント」

(うん、なんのことかわかりませんね。。)

 

要はこういうことです

キャッシュレス事業者を通じて国からポイント還元

キャッシュレス事業者を通じてポイント付与

わかりやすく言うと、今回のサービスは、

事前に国に登録したキャッシュレスサービスでチャージまたは、買い物をすると、登録したキャッシュレスサービスに応じたポイントが国から還元されるというもの。

 

マイナポイントという名前はついていますが、実際は登録したキャッシュレスサービスのポイントのことです。

つまり、楽天カードを登録して使えば、楽天ポイントが還元されるということ。

 

登録できるキャッシュレスサービスは、「PayPay」や「LINEPay」など現在20種類以上。

 

なぜマイナポイントが導入されたのか

消費活動を促進させるため

もともとは、キャッシュレス決済で2~5%を還元する「消費者還元事業」終了や2020年夏に開催予定だった「東京オリンピック」終了後も経済活動を停滞させないことが目的でした。

 

しかし、コロナウイルスの影響によって東京オリンピックが延期となり、緊急事態宣言が発令されたことで、経済活動は急速に落ち込みました。

落ち込んだ経済を再び回復させる狙いからもマイナポイントを導入するのだと思います。

 

マイナンバーカードの普及率を上げるため

マイナンバーカードの全国普及率は2020年5月時点で約16%程度となっています(参考:総務省|マイナンバーカード交付状況について)。

まだまだ普及率が低いマイナンバーカードをマイナポイントというサービスで普及させていきたい狙いがあります。

 

キャッシュレス化を促進させるため

キャッシュレス決済にすることで、お金の流れや消費行動がわかりやすくなります。そのデータを使うことで、様々なサービスを展開することができるようになります。

他にもキャッシュレスにするメリットはたくさんあるよ

 

25%還元!最大5,000円まで!

今回マイナポイント事業を普及させるために、マイナポイントの還元率を25%に決定しました。還元上限額は5,000円まで。

 

つまり、

2万円のチャージまたは、買い物をすると登録したキャッシュレスサービスに応じたポイントが5,000円分還元されるということ

 

 

 

マイナポイントのもらい方

マイナポイントの還元を受けるには、やるべきことがあります。

  1. マイナンバーカードを取得する
  2. マイナポイントを予約する(マイキーIDを設定する)
  3. 好きなキャッシュレスサービスを選択する
  4. 選択したキャッシュレスサービスでチャージまたは、買い物をする

 

1.マイナンバーカードを取得する

まず必要なものはマイナンバーカードです。

紙でできた通知カードでは、マイナポイントはもらえないので注意!

 

通知カードからマイナンバーカードに切り替える方法は、こちらを参考にしてみてください。

 

2.マイナポイントを予約する(マイキーIDを設定する)

マイナポイントの設定には専用のアプリもしくはソフトが必要。

端末に応じてインストールしてください。

 

スマホ端末の場合

AndroidもしくはiPhoneの方は下のアプリをインストールしてください。

マイナポイント

マイナポイント

総務省自治行政局無料posted withアプリーチ

 

パソコンの場合

パソコン端末からマイナポイントを設定する場合は、下のリンク先から「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールしてください。

マイキープラットフォーム

 

パソコンで設定する場合は、カードリーダーが必要です。

 

 

マイナポイント予約のやり方

具体的にマイナポイントの予約方法をスマホ端末を例に説明します。

 

1.専用アプリを起動して、「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップします。

f:id:kpt1030:20200614141540j:plain

 

2.マイナンバーカードを用意して、「次へ進む」をタップ。次の画面でマイナンバーカードを発行した時に設定した「4桁のパスワード」を入力して、マイナンバーカードを端末で読み取ります。

f:id:kpt1030:20200614144753j:plain

 

 

3.マイナンバーカードを読み取ったら、自動で「マイキーID」が発行されます。確認して「発行」をタップしましょう。

f:id:kpt1030:20200614145045j:plain

 

4.「発行」ボタンを押したらマイナポイントの予約は完了です。マイキーIDは忘れずに「スクリーンショット保存」で画像として保存をするか、紙にメモしておきましょう。

f:id:kpt1030:20200614145348j:plain

 

 

「マイナポイント手続きスポット」でも予約できる

全国各地に設置してある「支援端末」でもマイナポイントの予約ができます。

マイナンバーカードに対応していないスマホの方はこちらで予約をしましょう。

 

\近くの支援端末を探す/
マイナポイント手続スポット検索

 

3.マイナポイントを申し込む

25%還元を受けるキャッシュレス決済サービスを1つだけ登録します。

 

キャッシュレス決済サービスを登録できるのは、2020年7月1日からです。

 

 

マイナポイントの実施は9月から

ここまでマイナポイントを使う方法をご紹介しましたが、今のところできるのは、マイナポイントを予約するところまで。

 

実際にマイナポイントが導入されるのは、2020年9月からです。

なので、あまり急ぐ必要はないですが、マイナンバーカードの発行など時間のかかりそうなものは早めにやっておくのがいいかもしれません。

 

ちなみに期間は、2020年9月から2021年3月末を予定しているみたいです。

 

まとめ

  • マイナポイントとは、事前登録したキャッシュレスサービスを利用すると、登録したキャッシュレスで高還元が受けられるサービスのこと。
  • マイナポイントを設定するためには、「マイナンバーカード」が必要
  • マイナポイントが導入された理由は、「消費活動を促進させたいから」「マイナンバーカードを普及させたいから」「キャッシュレス化を促進させたいから」
  • 実際にマイナポイントを利用できるのは、2020年9月から2021年3月末まで
  • 登録したキャッシュレスサービスをチャージもしくは利用すると最大25%還元(上限5万円)が還元される。

マイナポイントについて少しはわかったでしょうか。

この制度に対しては色々な意見があるとは思いますが、「もらえるものは、もらっておこう」がわたしの意見です(笑)

 

マイナンバーカードもこれから必要となる場面が増えてきそうなので、まだの方は発行しておいた方がいいかも。というか、どんどん作らざるを得ない状況になるのかも?

 

みんな5,000円もらおうよ