どさんこPTの節約術

お得情報や節約術、ポイントの活用術、北海道民が得をするような情報、最近の医療事情などを紹介。

結婚式でお金をかけて良かったところ・節約できたところ

結婚式

プロポーズをしてから約1年

北海道の宮の森フランセス教会で無事結婚式を迎えることができました。

 

そんな私たちが結婚式の中でお金をかけて良かったところと節約できたところをご紹介します。

これから結婚式を挙げるカップルの参考になればと思います。

 

 

 

 

最初の見積もり

式場に見学に行った際の最初の見積もり額は、自己負担で約150万円です。

ちなみにゲストは80名を想定。

これでも割引はされており、

  • ゼクシィ相談カウンター経由の成約で約10万円割引
  • 初回来館時の成約特典で約20万円割引

がされました。

 

結婚式で節約するポイントとしてまず大事なのは、この成約前の交渉だと思います。

 

結婚式でかかってくる費用は、式場側のいい値がほとんどです。

なので、成約前になるべく予算を式場側に伝えておいて値引きしてもらえるところやこだわりたい演出については値段交渉をしましょう。

 

特に外部から持ち込むものに関しては「持ち込み料」が発生することがほとんどです。

ドレスや引き出物、カメラマンなどあらかじめ外部から持ち込もうと思っているものがあれば、それに対する持ち込み手数料を値引きしてもらえるように交渉しましょう。

 

特にこだわりがなくても、「ゼクシィ相談カウンター」と「初回来館時成約」の2つはどこの式場でも比較的割り引いてくれることがほとんどなので抑えておきましょう。

 

ゼクシィ相談カウンター

自分たちの理想の結婚式に合った式場探しやネットや雑誌には掲載されていない式場についての情報を教えてくれます。

そして、ブライダルフェアの予約も代行してくれます。

 

ゼクシィ相談カウンターでカウンセリングシートを書いて、ブライダルフェアに行く各式場に送ってくれるので、式場毎にカウンセリングシートを書く手間がなくなるので便利ですよ。

 

ゼクシィ相談カウンターを経由してブライダルフェアに行くことで色々な特典がつくことがあるので、絶対こちらを経由することをオススメします!

 

なによりもゼクシィ相談カウンター経由で予約することで、大幅な値引きをしてくれるところが多いので結婚式費用を節約することができます。

 

さらに、友達紹介キャンペーンもやっており、紹介者と紹介された側の二人にメリットがあります。

予約の際に紹介IDを伝えればOKです。

紹介IDを聞きたい方は問い合わせフォームから連絡お願いします。

 

初回来館時の成約特典

初めてその式場を訪れた時に成約をすると割引をしてくれます。

ほとんどの式場で初回の見学時に提案されます

 

なので、本命の式場が決まっているのであれば、本命のブライダルフェアは最後にしておきましょう。

本命の前に他のブライダルフェアを楽しんで料理や装飾など結婚式の雰囲気を味わっておくといいですよ。

 

最終の見積もり

では、実際に私たちがかかった費用はいくらかというと。。。

自己負担で約220万円です!

 

北海道の相場が約200万円なので、まぁだいたい平均くらいなのかなと思います。

実際は外部から持ち込んだものや手作りの物の材料費などもあるのでこれ以上の出費にはなると思います。

 

では、具体的に私たちがお金をかけて良かったところ・節約できたと思ったところをご紹介します。

 

お金をかけて良かったところ

  • 料理
  • カメラマン
  • ライブエンドロールVTR
  • 各種演出

 

料理

私たちの披露宴のコンセプトは「ホームパーティ」でした。

二人とも料理が好きなので、ゲストにはぜひ私たちの家に来たつもりで料理を楽しんで欲しかったです。

なので、料理のグレードや料理系の演出にはこだわりました。

 

カメラマン

ゲストにカメラが上手な人がいればいいのかもしれませんが、写真を取る場所が確保できなかったり、撮って欲しいカットを撮ってもらえなかったりするので、思い出を残しておきたい方はプロに依頼しましょう。

 

ちなみにカメラマン費用は10万円程度でした。

 

式場と契約しているカメラマンだったので、成約前であれば外部に依頼をしてカメラマンの持ち込み料を安くしてもらえれば、値段を抑えられたかもしれません。

 

各種演出

披露宴での式場独自の演出は別途料金がかかる場合が多いです。

しかし、私たちは来てくれたゲストに楽しんで欲しかったので、この部分にはお金をかけました。

 

ライブエンドロールVTR

映像関係のものとしてはかなり高いものですが、当日撮影された映像を編集したものは感動ものです。

 

来てくれたゲストの反応も良かったです。

DVDも当日に渡されるので、二次会会場で映像を流すのもいいと思います。

 

ちなみに値段は約15万円。

こちらも外部に依頼はできますが、持ち込み料が発生する場合があるので、式場と交渉しましょう。

 

 

 

節約できたところ

  • ペーパーアイテム
  • プチギフト
  • 映像
  • 二次会会場

 

ペーパーアイテム

おそらくほとんどのカップルが節約するであろうペーパーアイテムですが、私たちは結婚アイテム通販サイトの「ピアリー」で注文しました。

 

案内状や席札、席次表などを式場に依頼をするとゲスト一人につき約800円程度かかります。ゲスト80人で計算すると約64000円です。

ピアリーなら印刷を依頼してもゲスト一人につき約300円でペーパーアイテムが揃います。ゲスト80人でも約24000円です。

 

私たちは印刷も自分たちでやったので、ゲスト一人につき約200円で揃いました。

突然のゲストの変更や細かいデザインの変更などができるので、パソコンがあるなら印刷は自分たちでやることをオススメします。

 

プリンターもペーパーアイテム以外でも今後活躍するので買っておいて損はないと思いますよ。

 

 

プチギフト

こちらもピアリーで注文をしました。

式場に依頼をすると一つ約200円程度ですが、ピアリーなら一つ約100円程度で注文ができます。

持ち込み料については式場と相談しましょう。

 

映像

お金をかけて良かったところでも紹介はしましたが、写真のスライドショーなどのオープニングムービーやプロフィールムービーなら無料のソフトで簡単にできてしまいます。

映像関係は式場に依頼をすると高いものが多いので、外部に発注すると安く抑えることができますよ。

 

外部依頼ならココナラがおすすめです!

安い料金で手軽に依頼ができますよ。

 二次会会場

結婚式の二次会会場は、貸切や各設備を無料で貸し出してくれるところをオススメします。

私たちの場合はこんな特典がありました。

  • 新郎新婦会費無料
  • 貸切無料
  • マイクやプロジェクター貸し出し無料
  • 二次会案内状の無料作成 などなど

 

札幌市内であれば、「Mr.Shake」をオススメします。

上記のサービスを受けられますよ。

 

普段から節約を心がけよう

ポイ活などで結婚式費用を捻出できるように頑張りましょう。

ポイ活についてはこちらも参考にしてみてください。

 

まとめ

  • 式場との契約はゼクシィ相談カウンターでする
  • 初回来館時の成約特典を狙って本命のブライダルフェアは最後にする
  • お金をかける部分は自分たちらしい結婚式になる部分にかける
  • 節約のポイントは外部への依頼と手作り

お金をかけるところや節約するところをしっかりと話し合って素晴らしい結婚式にしましょうね。

結婚式前の節約も大事なので、普段からも節約を心がけましょう。