どさんこPTの節約術

お得情報や節約術、ポイントの活用術、北海道民が得をするような情報、最近の医療事情などを紹介。

「片方の収入だけで生活」する共働き夫婦の家計管理 

共働き夫婦の家計管理

みなさんのご家庭はどのような家計管理をされていますか。

夫婦別財布や共通財布など家計の管理方法は色々あって、夫婦によって正解は変わってくると思います。

そんな、お金の問題を後回しにしてしまうと、後々大きな争いの種になってしまいます。

そうならないためにも家計管理について夫婦でしっかり話し合ってお互いに納得する形でやりくりしましょう。

 

我が家の家計管理方法は「片方の収入だけで生活」をするというものです。

つまりは、

夫の口座:固定費や変動費などの支出用

妻の口座:貯蓄用

に分けています。

会社の住宅手当支給の問題で家賃だけは妻の口座から引き落としていますが、概ね上記のような割当にしています。

 

それでは、「片方の収入だけで生活」する家計管理方法をご紹介していきます。

 

 

 

 

我が家の口座の割当

f:id:kpt1030:20191102090107j:plain

我が家は夫婦ともに楽天銀行で口座を開設してます。

楽天銀行なら楽天証券と連携することで、金利がなんと0.1%!

楽天証券で積み立てNISAを開始したので管理もしやすいです。

積み立てNISAは限度額の33,000円まで実施。老後資金や住宅資金などへの備えとして継続予定です。

 

将来的に子供ができて、産後休業や育児休業を取得して収入が減っても、どちらかの収入があればなんとか生活できるようにと考えています。

 

家族カードで支出を一つに

家族カード

家族カードって知っていますか?

簡単にいうと本人のクレジットカードの複製みたいなものです。

家族カードの支払い分はすべて本人カードと同じ口座から引き落とされます。

メリットは

  1. 引き落とし先が一つなので管理がしやすい
  2. ポイントが本人カード側にすべて貯まる
  3. 名義はそれぞれなので、本人名義限定の支払いの際に使える

といった点です。

 

我が家は食材の買い出しなどは時間が空いている方が行くようにしています。

そういった生活費の支出元を一つにすることで1ヶ月の生活費の管理がとてもやりやすくなりました。

 

 

 

家計簿アプリを夫婦で管理

家計簿アプリ

家計管理はすべてアプリで管理しています。

マネーフォワードなら支払い元を合計10個まで無料で登録できます。

支出はおおまかなものならアプリが自動でカテゴリ分けしてくれるので、収支がひと目でわかります。

細かな支出や現金支払のものは手入力でします。

我が家では一つのアカウントでそれぞれのスマホからログインをしてお互いに収支を把握しあっています。

ちなみに現金支給の小遣いから支払った分は入力義務なしでお互いノータッチにしています。

 

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

我が家の家計簿

家計簿

実際の我が家の支出を公開しちゃいます!

家は賃貸マンションです。引っ越しの際に2LDKにしようと思ってたんですが、二部屋目は物置になってしまうので、荷物を減らして1LDKにしました。

新築で管理費や駐車場代込で67000円!諸経費を考えると一人暮らしの時と全然変わらないくらいの家賃で、しかも新築なので設備が最新できれい!内覧で即決しました(笑)

スマホの通信費は格安SIMにしてかなり抑えてます。

ふたりとも食べることが趣味で休みの日にはよくカフェとか行ってるんで食費=趣味娯楽になっている感じです(笑)

 

我が家の節約術

節約

我が家の節約ポイントは、1つ目は格安SIMに変更したことです。

今までスマホの通信費をお互い1万円近く払っていましたが、格安SIMにしたことで半分以下に抑えることができました。

そして、2つ目のポイントは民間保険の保障内容を最低限にして、貯金や投資で医療費を賄おうと思ってます。

3つ目はすべての支払をキャッシュレスですることです。

クレジットカード決済やスマホ決済などをうまく活用することで、かなりお得に買い物ができるので、お得情報には常にアンテナを張っています(笑)

4つ目はポイ活です。

ポイントインカムっていうサイトを経由してネットショッピングやクレジットカードを作ることで、ポイントの2重取りができちゃいます。このサイトを活用したことで出費をかなり抑えられたと思っています。

 

さいごに

我が家の家計管理方法などを公開しましたが、家計管理の方法に正解はないと思っています。

お互いによく話し合って納得のいく形になれば、それが正解だと思っています。

お金の問題は色々とありますが、お得な情報は色々なところにありますので、調べて実践してみてくださいね。